未分類

DHAを摂って胎児にいい影響を与えましょう

妊娠中の食事に関しては、胎児のことを考えていつも以上に神経質になります。うなぎのように、妊娠中の方は避けた方がいいと言われている食材も多いです。しかし、積極的に摂ると胎児にいい影響を及ぼすものもあります。その一つが魚料理です。中でもDHA(ドコサヘキサエン酸)が含まれている青魚は赤ちゃんの成長を助けてくれる栄養素の一つです。DHAというと、昔から「頭がよくなる」という言い伝えもあり、栄養素が豊富です。

妊娠中に食べた時の影響としては、早産率の低下や、ぜんそくの持病をもって生まれる子供のリスクが低下すると言われています。もちろん食べ過ぎはよくないですが、積極的に摂取したいものです。一日の目安量としては、秋刀魚でいうと一匹ほどなので食べやすい量にはなっています。妊娠中は、生ものはよくないと言われていますので、出来る限り焼き魚や煮物にして食べるのがおすすめです。つわりが酷い方向けに、サプリメントなども販売されていますので、成分をしっかり確認して摂りましょう。

妊娠中にDHAを摂取する効果とは?

最近話題の栄養成分の一つ、DHA(ドコサヘキサエン酸)。青魚に豊富に含まれている脂肪酸ですね。

実はこのDHA、妊娠中に摂取することで様々なメリットがあるとされているんです!

DHAの効果と言えば「頭が良くなる」ということで、主に成長期の子供に積極的に摂らせたい栄養分だというイメージですが、妊娠中に食べることでお腹の中の赤ちゃんの脳の発達にも良い影響を与えてくれるのです。

というのは、もともとDHAと言うのは神経細胞の中に含まれる成分。DHAが豊富にあると、神経同士の伝達がスムーズになることで脳の活動や発達が促されるのです。

実際、妊娠中や授乳中に母親がDHAを摂ることで、子供のIQ(知能指数)が上がるというデータもあるんですよ。

なので、妊娠中には出来るだけサバやサンマ、ブリなどの青魚を積極的に食べるようにしたいものですね。

どうしても毎日は大変…とかつわりがキツイ、と言う人はサプリメントを上手に活用するのがオススメです!

魚でDHAを摂取して母子の健康をアップ

妊娠中には、お腹の赤ちゃんに栄養が渡ったりホルモンバランスの変化で体調を崩したりするため、さまざまな栄養を普段より多く摂ることを推奨されます。鉄分やカルシウム・葉酸などはよく耳にしますが、実はDHAもその一つ。DHAをしっかり摂ることで早産のリスクが低減できるため、妊娠中には意識的に摂りたい成分です。

DHAは魚に多く含まれていますが、魚料理の経験や知識が無くてサプリに頼っている女性も多いかと思います。でも、サプリに頼らなくても、毎日の食事で無理なく魚を摂ることができます。

魚と言っても、魚屋さんや鮮魚コーナーで売られている丸魚である必要はありません。例えば煮干しやかつお節にも、DHAなどの栄養はしっかり含まれています。普段よりたっぷり目にダシをとったり、魚のふりかけやかつお節を料理に多用するだけなら、毎日無理なく続けられますね。

会社の時に肉より魚を選んだり、干物や刺身など包丁いらずの魚料理を活用するのもいいでしょう。妊娠中にストレスは禁物です。頑張りすぎずに魚を取り入れられるよう、工夫してみてはどうでしょうか。